妊娠前 葉酸 効果

妊娠前から葉酸摂取にはどんな効果が?正しい葉酸サプリ選びとは?

妊娠前から葉酸摂取しておくことで一体どんな効果があるんでしょうか?

 

確認してみました!

 

先天性異常の赤ちゃんが生まれるリスクを軽減

ヨーロッパ・アメリカ・中国では葉酸の摂取が「二分脊椎症」「無脳症」という先天性以上の赤ちゃんが生まれるリスクを軽減してくれるということが研究結果で報告されています。

 

特に近年では二分脊椎症の赤ちゃんが生まれる率が高くなってきていることもあって政府が推奨するようになったのでしょう。

 

妊娠1ヶ月以上前から妊娠後約3ヶ月までは最低でも飲んでおいたほうがよいでしょう。

 

 

着床率アップする可能性が!

 

葉酸は増血効果があるために血の巡りをよくして子宮内膜の厚みを増してくれる働きがあります。

 

子宮内膜が暑くなると着床する可能性も高くなり、必然的に妊娠する可能性も上がります。

 

まあ妊娠前から飲んでいて損はないということでしょうか。

 

 

冷え性や生理不順など女性特有の悩みが改善されるかも

 

葉酸には造血効果があると言いましたが、血をしっかり作ることができると血の巡りが良くなります。そうなると冷え性改善や肩こり・頭痛。さらには生理不順の改善や基礎体温アップなどにもつながってきます。

 

いずれも妊娠へも効果的な部分ですので、妊娠前から葉酸は飲んでおくことを推奨します。

 

 

ただ、葉酸サプリであれば何でも良いというわけではなく、正しい葉酸サプリ選びとしてはカルシウムや鉄分・ビタミン類がしっかり配合されていなければ意味がありません。

 

特に、葉酸はビタミンB12とセットになることで造血作用が生まれますので、市販の安いサプリでは結果意味がないと思いますね。

 

また、ビタミンB6と葉酸を飲むことで女性ホルモンなど全てに作用するタンパク質を合成しやすくなるのでB6も入っていることが望ましいですね。

 

 

 

これらすべてをクリアできる葉酸サプリをご紹介しておきますね。